葬儀にかかる費用を削減する方法とは?上手な費用の減らし方

葬儀にかかる費用を削減する方法とは?上手な費用の減らし方

線香と数珠

葬祭費の補助・扶助制度を利用する

国民健康保険加入者の方であれば、亡くなられてから二年以内に申請することで、国から1万円~7万円程度の葬祭費が支給されます。また、社会保険加入の方であれば、五万円程度の埋葬費が受給できます。このような補助・扶助制度を利用すれば、費用の負担を少なからず減らせるでしょう。

線香

葬儀の保険サービスを利用する

最近では葬儀に特化した保険サービスを提供している会社もあり、その保険に加入していれば、葬儀・葬式の関わる費用の一部を立て替えてくれます。ただ、保険サービスを利用するには、審査に通る必要があり、保険期間が開始されるまでに数ヶ月かかることもあります。

葬儀

寺院手配サービスを利用する

現在お世話になっているお寺がないという場合、葬儀でお勤め頂く僧侶は手配サービスを利用して呼ぶべきです。手配サービスを利用すれば、生駒や高津区をはじめ、全国エリアからその場に適している僧侶を呼ぶことが可能です。また、全国一律に定額のお布施で僧侶を手配できるので、費用自体も安く済むケースが多いです。

法要と法事は何が違うの?

法要

法要とは、遺族の方が故人を偲び、故人の冥福を祈り供養するという意味で、住職の方にお経をあげてもらうことをいいます。法要は違う呼び方では、追善供養とも呼ばれています。

法事

一方、法事は法要を含めて会食まで、一連の行事のことをいいます。もともとは、仏教に関する事柄や仏教の教えのことを指すことが多かったのですが、最近では葬式関連で使われることが多いです。

広告募集中