住宅のエネルギー

これまでオール電化はいろいろと言われてきました。出始めたころは、とても住宅すべてのエネルギーを電気でまかなうことは不可能と思われていましたし、実際、オール電化の普及も遅々として進みませんでした。しかし、CO2の削減や省エネが言われるようになり、一気にオール電化は普及し始めました。その後押しをしたのが、給湯機であるエコキュートと調理器具であるIHクッキングヒーターの普及です。特にIHクッキングヒーターは調理自体も楽になり普及しました。東日本大震災によって、一時的に電力が不足したり、原子力発電に暗雲が立ち込めたことで、オール電化の将来性が不透明になりましたが、結果的には太陽光発電への期待がこれまで以上に高まったことで、今後、さらにオール電化に期待がかかるようになりました。

オール電化は住宅におけるエネルギー源を電気だけに統一することですが、このことは不安要素にもなります。災害時にはどのような事態になるかわかりませんから、災害に備えるという意味では複数のエネルギー源がある方が安心できるからです。私も住宅を新築する際に、宅地前まで来ていたガス管を延ばさず、オール電化住宅にしましたが、必要に応じてガスも選択できるようにガス管を伸ばしておくべきだったかとも思っています。ただ、最近では、災害時の対応として様々な携帯用の電源が開発されていますので、エネルギー源を電気だけに統一する一方で、災害時にも適切に対応できるような工夫を行っておく必要があると考えています。そうした準備をしたうえで、オール電化を進める必要があります。